27年6月議会一般質問

6月議会の私の一般質問下記のとおりである。

6月24日の午後に行なわれた。
1 選挙権の引き下げ
(1)選挙権の引き下げに関する課題について
2 公立学校の校則
(1)校則の現状について
(2)校則の改正手続きについて

3 子どもの貧困
(1)子どもの貧困対策の現状について
4 子どもの貧困対策基金
(1)ふるさと納税と子どもの貧困対策基金について
5 1%支援制度
(1)市民が選ぶ市民活動支援事業について
6 学校給食アレルギー対策
(1)現状と対策について
7 延長保育
(1)延長保育と格差の問題について
8 荒川洪水避難対策
(1)現状について
(2)洪水の可視化と模擬避難訓練の実施について
9 空き家と耕作放棄地対策
(1)現状と対策について

・・・・・・・・・

上記の

1、2は関連している。選挙権が18歳に引き下げられた。そして、早晩、18歳以上の子どもにも国民投票権が付与される。

子どもたちに、この国は自分たちが統治することを決める機会が来る。その前に自らの回りの、校則も不磨の大典ではなく、改正する手続きを通じて主権者教育になると思いからである。

上記の3、4、5は関連している。

最大の動機は、朝霞市には、本当に困っている家庭には奨学金の貸付を行なわないことに対する、提案である。