6月議会報告2 「ふるさと納税と貧困対策基金」

昨日につづき、「ふるさと納税と貧困対策基金」ついて述べる。

私は子どもの貧困問題を主張し、朝霞市の奨学金の改善を求めている。

朝霞市の奨学金は、貸付金であり、当然の如く、保証人を必須条件としている。

問題は、生活保護世帯とは、破産世帯の保護者は、保証人として認めないといっている。

すると本当に奨学資金の必要な家庭の子どもは奨学金の貸付を受けることができない。

一方で朝霞市は中小企業の貸付は無担保で1250万円まで貸付ている。年間数百万円焦げついている。朝霞市は子どもはからは、100%貸付の回収のために、保証人がいなければ、貸さない。

この間、25年6月に子ども貧困対策法ができた。25年12月に生活困窮者支援法ができた。

にもかかわらず、朝霞市は動かない。

そこで、今回、ふるさと納税による貧困対策基金の創設を提案したのである。

市民のみなさんがふるさと納税をされるだったら、少しは朝霞市民のために納税して、その項目として貧困対策基金に納税してくださいどいうものである。

ふるさと納税で朝霞市民が地方に納税をするとお金が流失する。朝霞市民が朝霞に納税するだったら、お金は流出しません。納税した人にはお礼が入る。貧困対策の基金ができる。行政は自腹を切らずに市民のイニシアテブで貧困対策かできる。