議会報告7 荒川洪水避難対策

鹿児島県の屋久島町口永良部島の火山の噴火において、スムーズに避難ができた。理由は日毎の訓練の成果だという。

ところで、朝霞において、災害の優先順位を考えるならば、荒川の洪水である。予想としては、5メール浸水するそだ。

洪水の予測地区に電信柱などに5メールの記しをするなど、可視化が必要である。

さらに、これまでの避難は、自治会に依存しているようだ。自治会に入っていない人が多くなっている。したがって、自治会加入者の有無を問わず地区ごとに避難訓練をする必要がある。