安保法案は立憲主義に反し、憲法違反です。

[ブログ]日弁連安保法案は憲法違反です。

上記は、先週の金曜日に朝日と読売、日曜日に日経の各新聞に掲載された

日本弁護士連合会の意見広告に基づき、このブログ用に編集したものである。

1番上の漫画は、憲法が政府に対して戦争はしてはいけないと命令をしている。

まさに憲法9条のことだ。

2番目の漫画は、安保法案のことだ。安倍政権ば安保法案で憲法が禁止する

戦争をやろうとしている。

3番目の漫画は、国民は戦争をする選択をしていないのに、戦争に巻き込まれ

報復されているものである。

・・・・・

我が国は戦後70年間平和だった。

自衛権は海外で一人の人も傷つけていない。自衛隊員は被害に遭っていない。

(しかしながら、海外に派遣された自衛隊員には自殺者が多い)

戦争法案は、我が国を戦争に巻き込み、

自衛隊員、国内外の市民の生命の危険にさらす。

憲法が禁止しているにもかかわらず、

安倍政権は憲法を破壊し、

9条を破壊し、

日本も軍事国家に変える積もりだ。

安倍首相は、歴史上、ヒットラーのような独裁者になってしまった。

国民から独裁者と呼ばれるのは、大変な不名誉なことの筈だ。

しかしながぱ、安倍首相は気に留めていないようだ。

そんな安倍首相も大勢の国会議員が

そして、財界も支えている。

他の国の良識派は、日本を依然後進国ではないか、

どバカにするかも知れない。

安倍首相は、日本の価値まで下げてしまったのだ。