9月議会一般質問

9月議会の一般質問は以下のとおりである。

1 主権者教育について

⑴ 現状と課題について

2 子どもの自己肯定感について

⑴ 現状と課題について

3 子どもの権利条約意見表明権について

⑴ 現状と課題について

4 学校運営協議会制度

⑴ 朝霞市で実施する予定はないか。

5 教育委員会について

⑴ 市長に対し予算要求をされていないようだ。これでいいのだろうか。

⑵ 市民参画の現状と課題について

6 高齢者向け施策について

⑴ 入浴事業について

⑵ 住居事業について

7 後見人について

⑴ 被後見人が無資力の場合の、扶養義務者以外の後見人報酬支援について

8 法令順守の状況について

⑴ 保育行政の法令順守の状況について

9 朝霞市基地跡地利用計画について

⑴ 市営公園との異同について

10 朝霞とニンジンについて

⑴ ニンジン加工品の奨励について

・・・・・・・・・・・・・

議員それぞれの問題意識はそれぞれである。

私の問題意識は個人の尊厳と共生社会の実現である。

この任期の一般質問は、今回で終わりである。

私が残念なのは、一問一答式の一般質問が実現できない状況である。

市民の解りづらい、一般質問を続けることの利点は、だれにあるのだろうか。

今の一般質問

[一括質問方式]

質問

1

2

3

4

答弁

1について

2について

3について

4について

・・・・・・・・・・

[一問一答式]

質問

1

答弁

1について①

質問

①についてア

答弁

アについて

・・・・・・・・・

以上のとおり、一問一答式は、質問が深化する。

一括方式から、一問一答式への転換は、議会改革のイロハのイである。