2015年8月30日 もう一つの憲法記念日にしよう

20150830175905sapdo@o[2]

(ネット公開写真より)

DSC04273

2015年8月30日 国民主権の日だ。

後日、この日この時間何をしていた。 そんなときにこの日のことを思い出す。

この日神戸から新幹線で来たという女性二人組から、プラカードはないかとせがまれ、私の分を差し上げた。

みんな、民主主義の担い手だ。 音楽家の坂本氏が訴えていた。 この日は、将来 日本のマグナカルタといわれる、と。

憲法を変える権限をもっているのは、国民だ。 為政者は憲法を守る義務がある。 安倍政権は、明確なルール違反だ。 職権濫用罪に抵触するのではないか。

さらには、

ソフトな内乱行為ではないか。

東大の憲法学者石川氏は、安倍政権がやろうとしないることは、ソフトなクーデターといっている。

私と同趣旨であろう。

 憲法という統治機構に対する反乱行為である。

発展途上国で勃発するクーデターを、先進国である筈の日本で起こすなんて、安倍政権は、日本国民に対する恥辱行為である。

将来、この日はもう一つの憲法記念日もしくは立憲主義の日といわれるかも知れない。

(公務員職権濫用)
第百九十三条  公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。
(内乱)
第七十七条  国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者は、内乱の罪とし、次の区別に従って処断する。
 首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。
(以下略)