悲しみの分かち合いー難民問題

今、ネットでは閲覧注意の写真だ。
シリアを逃れ、トルコからギリシャの島にこの子と父、母、兄と一緒に渡ろうとしたが、船が転覆して、父だけが助かったそうだ。

難民の写真

中東の混乱を誘発した原因は、フセイン政権に対するイラク戦争ではないか。
そうだとするならば、難民の相当数は、イラク戦争に加担し、指示した国も難民の受入れをしてければならないのではないか。

特に積極的にイラク戦争を遂行したアメリカは、積極的に難民を受け入れるべきだ。

アメリカが受け入れるとしても、難民は、大西洋を渡ってアメリカに行くことは不可能だ。

難民問題で消極的なイギリスのキャメロン首相は、この写真を見てか,

受入れ拒否の難民政策を転換するという。

痛ましい写真だが、社会を変革することになった。