私の説諭

ある被告人は窃盗を繰り返ている。

人生の大半が刑務所ぐらしみたいなものだ。

刑務所の矯正教育も本人に影響を与えなかったようだ。

80代になっている。 家族もなく、孤独な人生を送っている。

この世に生まれて、多くの人々と交わっている。

最初に出会うのが、親である。

刑事事件なんかを通じて、親に恵まれていない人が多いことを知る。

人間の感性は、幼児期の保育歴が大きく影響を与えている。

どんな家庭で養育されたのだろうか。

国の援助制度により、出所後のケアーがあった。

あまり知られていないようだ。

ある 被告人は、前刑の出所後国の生活援助制度により、高齢者施設に入ることができた。

私からみれば、何不自由のないと思われる。

同年齢の高齢者に比べれば、施設の入居は恵まれている。

ところが、被告人は怖い男性職員がいて、あることでまた叱られるので施設を出てしまったという。

施設は捜索願いを出していたそうだ。

施設を出てホームレスの生活をして、空腹にたまりかねず、スーパーでカップ焼きそば(100円余り)を万引きをした。

先日、ある被告人からひらがなの手紙がきた。

反省文とお願いことが書いてあった。

私は接見室で、こんな説諭をした。

「刑務所で天命を全うしていいですか。

何かできることはないですか。散歩のついでにゴミを拾うとか、」

「私は整理整頓が得意だから、まちの掃除をやります。」

「人から,あの掃除のおじさん、いい人だと言われて天命を全うしませんか。」

「そうします。」

ある被告人は、高齢者であるが、この寒空のもと、ホームレースができる程強い生命力がある。

多少、社会に何かよく思い出を残して、天命を全うしてほしい。

1回こっきりの人生

大切にして欲しい。