主文懲役〇月、執行猶予〇年

起訴状朗読、冒頭陳述、検察官立証、弁護人立証、情状証人、被告人質問、論告、弁論の上、結審後直ちにに判決が出た。

主文懲役〇月、執行猶予〇年

一つの刑事事件が終わった。
留置されている警察署は遠いところにある。
被告人は20代の若者だ。

何回か接見に行った。
接見するのは、半日仕事だった。

厳しく接した。

どうして、何回も悪いことをするのか。

-気が弱いからです。

あなたは、悪いことをそれほど悪いと思わなってしまっている。どうしてか。

-(沈黙)

清原はなぜ、覚醒剤をやるのか。

-気が弱いからでは。

悪い仲間とつきあっているからだ。あなたも悪い仲間とつきあっているから、悪いことを悪いと思わなくなっている。

-たしかにそうです。

あなたが、まともな人間になるためには、悪い連中を断ち切れるか。

-断ち切るようにします。

父親が情状証人に立ってくれた。判決後、直ちに釈放された。
・・・・・・
これでもう、私はこの被告人と会うこともないだろう。

私なりに一生懸命、接見の場で説諭した。

幸せは他人の犠牲の上ではなく、自分の努力で掴んで貰いたい。

こんなことを幾度となく話した。

私は先に裁判所を後にした。

父親とどんな話をして帰宅したのだろうか。