「ローマ字派」、「親指派」あるいは「かな入力派」

しばらく、このブログをお休みしていた。

その理由の一つは、パソコンが故障したからである。

もちろん、ほかにもパソコンがある。

私のキ-ボートは、親指シフトというものである。

私のパソンはこのキ-ボート専用である。

ほかのパソコンは親指入力ができない。

ローマ字入力になる。

もちろん、ローマ字入力もできないわけはない。

しかし、頭の中で日本語をローマ字に置き換えて

入力している。

頭から出てくる日本語が、外国語のように翻訳する形になり、

文が止まってしまうのである。

ブロクをお休みしていた。

やっと、パソコンを刷新して親指入力でのブログを作成ている。

親指シフト(おやゆびシフト)とは、日本語の「かな」を入力するため、1979年昭和54年)に、富士通が考案したキー配列規格の一種である。ほぼ同時期に確立したQWERTYローマ字入力や、それ以前から存在したJISかな入力などと同様に、親指シフト規格は「かな漢字変換」のためのかな入力手段(日本語入力)として使用される。

  1. 「自然な動作で入力できること」
  2. 「難しい知識が必要ないこと」
  3. 「入力効率が悪くないこと」

・・・・・・・・

日本語入力に親指入力に勝るものはない。

しかし、富士通の販売方法に問題があるのか、

市場のシェアーは、ローマ字入力に抑えられている。

よい商品は必ずしも売れないという例であろうか。

この機会に親指シフトを普及させるよう努力したい。