3・6オール埼玉総行動

3・6オール埼玉総行動

大宮の公園に1万人を超える人が結集した。

埼玉弁護士会からも多くの弁護士が参加した。

集団的自衛権(正確には他衛権であり、先制攻撃)は憲法が禁じるものである。

政策の問題ではない。違憲の問題である。だから強制加入団体の弁護士会も戦っているのである。

思えば、私が学生のころ、憲法の改正は国論を2分するものだから、やらないといわれていた。

しかし、安倍政権は、禁じ手の解釈改憲を行い、その上に憲法の改正をしようとしている。

解釈改憲は、クーデターである。先進国の日本でクーデターが起きるなど、恥ずかしい話だ。