ある判決

今日、高齢者の被告人の刑事事件の判決があった。
100円の万引き事犯である。
求刑3年6月のところ
2年10月の判決。
ちょうど今日が被告人の誕生日だった。
傍聴席は、誰も心配する人もない。
正真正銘の天涯孤独の人である。
ホームレスになっている被告人にとって
刑務所は、今より環境が良いことになる。

知能が低いようだ。IQ30とか40だそうだ。
人生の大半が刑務所ぐらしだ。
重い病気を抱えている。

被告人からは
国民学校
軍需工場での奉仕
空襲の怖さ
など
を接見で聞いた。

法廷から出ていく被告人を最後まで見送った。
天命は、「シャバ」で全うしてほしい。