小さな事件の終了

約2年半、小さな事件の被告側として弁護してきた。

本来、事件にならないものを原告は、事件にしたケースである。

一緒に音楽のイベントをやっていた仲間を横領とか、背任扱いをして

いきなり裁判を提起してきた。

原告の代理人は、ネットでみると「ずごい」事務所にのように見える。

弁護士が二人ついている。

しかし、訴状が稚拙だった。

訴状の問題点を指摘したら、請求が立たないことが分かり、訴えを取り下げた。

その後、請求の原因を変えて、再び裁判を提起した。

ここでも訴状の問題点を指摘してきた。

再び、請求が立たないことが分かり、今度も訴えを取り下げたいと打診をしてきた。

少なくとも訴訟費用は払うことと、もう再び裁判を提起しないことを条件とし、取り下げに裁判は終了した。

詳しい内容は、原告の代理人の名誉のためにこれ以上書かないことにしよう。

そういえば、近隣者訴訟が昔問題にされたことがあった。

この事件は、まさに近隣者訴訟である。

原告の裁判所を使った威嚇は功を奏しなかったことになる。