食物アレルギー給食費軽減9月より実現(2)

2015年11月22日02時20分18秒0001

市内に小学校10校、中学校5校のうち、アレルギー対応をしている学校は

上記の地図の4小は5小だけだ。

私がこれまで主張してきた骨子は次のとおりだ。

市内の居住地によって、学校給食のアレルギー対応に著しい格差、差別がある。

これは妥当ではない。

これまで、アレルギーが原因で食べられない児童・生徒の給食費を還付してこなかった。

私がアレルギー問題を取り上げる前は、学校給食費の還付は

一週間ずーと食べない場合にのみ還付を行ってきた。

私が取り上げ、平成28年度からは1食でも丸々食べない場合は1日還付をすることになった。

したがって、提供された給食の少しでも食べると、還付しないのであった。