社会的隔離

家族が退院を反対するから、精神病院から退院できない。

これが社会的隔離と言われている。

今、私がやっている弁護活動の一つが社会的隔離の問題である。

テレビで、精神病院にいる人が、入院を続ける必要もないのに

何年間も閉鎖病棟に入れられていた番組があった。

私のもとに、精神病院にいる人から、退院請求の相談があり、

行ってきた。

精神病院は、人権の保護の外のような気がする。

患者は、人権侵害を訴えても、弁護士に届かない。

届いても、弁護士が関心がなければ、人権侵害は放置される。

患者は病院にいるから、三食は困らない。

しかし、自由に生きる権利が侵害されている。

こんな実態がある。

先日、医療審査会で退院請求についての

意見を述べてきた。

どんな結論になるのでろうか。

家族は、現在の福祉制度のサービスをしらない。

だから、今でも反対していると思いたい。

一人一人の人権が尊重される社会の実現に

微弱であるが、小さな弁護活動をしている。

・・・・・・・

プライバーのことがある、現在も依頼者が病院にいるので

具体的に状況を記載できないのが残念である。