子どもの養育費について

弁護士として離婚事件が終わった。

子どもの養育等も絡む事件であった。

当事者が望む方向で解決をした。

まさに私的自治である。

私は、養育費零はあり得ないと思っている。

しかし、この事件は養育費零での解決である。

 

相当の以前、子どもを置いて出ていった母親に対し

養育費の請求をしたことがある。

父親が刑事事件を起こし、残った祖父母が

私に相談して起こした事件である。

祖父母は子どもを裁判所に連れてきた。

子どもは、裁判所を飛び回っている。

祖父母は、孫を注意できない。

祖父母は、孫がかわいいから、父親が刑務所に入った後は

自分たちが育てる。父親も刑務所から帰ったら自分も育てるといっていた。

母親は、母親があることを名乗らずに、何年ぶりかのわが子の姿をみて、泣いていた。

私も、裁判官も口には出さないが、母親に引き取られた方が

いいと思うが、当事者が現状でいいという。

そして、母親は、パート収入でお金がないといって、

養育費の額の提案が月額数千円だった。

当事者がそれでいいというので、合意をした。

・・・・・・・・・

弁護士になり、夫側、妻側

それぞれの立場での仕事をしてきた。

そして、私の事務所には、ぎりぎりの生活をしている

人の相談が多い。

子どもにとって、数千円でも価値があると思っている。

今では、どちらの立場でも子どもの自尊感情の視点から

養育費零はなくしたい。