ある事件の終了

薬物事犯の事件を弁護してきた。

懲役3年の求刑が懲役2年の判決だった。

被疑者段階からの弁護人であり、約2ケ月余りの弁護活動であった。

被告人の生活歴等、前科前歴、現在の生活状況等を知りこれらを弁護活動に生かす。

一つのドラマである。

被告人に課題を出していた。

一つは優先順位

もう一つは道の選択

まず、これまでの人生において優先順位が間違っていないのか。

多くの人たちは、一番に子ども、そして妻、その後くらいに自分である。

自分を優先して、子どもたちのことを劣後においていないか。

そして、道の選択である。

自分が選択する道向うに何があるのだろうか。

一時の感情で物事を選択してこなかったか。

法教育のみたいなことを行った。

これまで、人生の選択について簡明力を与えた人に

出会ったいなかったようだ。

しかし、いたが、気がつかなかっただけと思う。

多少判決が寛大なもので、被告人は、納得していたようだった。

未払い賃金の回収して差し入れ、寒いというので、衣服も差し入れてあげた。

これで彼の人生のある時期の黒子の役割は終わった。

人々の善意を無駄にすることなく、歩んでもらいたい。