第4中学入学式 チャレンジ新4中生

今日第4中学入学式があった。

4中は、我が家の子どもたちの母校でもある。

 

入学式、卒業式その他行事の挨拶をいろいろ見聞する機会がある。

このときに式辞として折りたたんだ用紙を読む。

 

私は、この式辞として当事者が用紙を読み上げる方式に

いまいち、理解ができない。

傾向として、式辞が用紙の朗読のようになってはいないだろうか。

 

子どもたちも、多くの式典のスピーチの感想を聞くと、

型通りの紋切り的で評判がいまいちだ。

 

そこで、今回は、他の議員に了解を得て、

市議会議員の挨拶として、式辞の用紙を朗読しない、

出来るだけ型にはまらないスピーチをこころ掛けた。

ひとみの輝く188人の生徒のみなさんを拝見しながら

おおよそ次のような内容で語りかけるスピーチをした。

・・・・・・・・・・

小山香といいます。

ご入学おめでとうございます。

市議会には24名の議員がいます。

議員の一人として

朝霞市はこの1月に14万人になりました。

朝霞市民の一人として

地域に住んでいるものとして

お祝いをお言葉をさせて下さい。

 

みなさんは、私たちの宝です。いわば、宝石の原石です。

みなさんが元気にしているだけで、このまちは明るくなります。

みなさんは、宝石の原石です。中学でもっともっと磨いて

美しい宝石にしてください。

私は、人生は芸術だと思います。

みなさん一人一人は芸術家です。

ピカソです。ゴッボです。ルノアールです。

みなさん、人生という白いキャッバス、画用紙にどんな絵を描くのですか。

中学校で勉強をすると絵の具の色が増えることです。

みなさんは、小学校の卒業式で大きな夢を宣言していました。

明日の未来から、今日の自分を見つめて、課題を発見し、課題を解決して夢に近づいて下さい。

過去と他人を変えることはできません。

自分と未来は変えることができます。

それぞれの課題を解決して未来に向かって歩んで下さい。

公教育にはもう一つの意味があります。

みなさんは、この地域で暮らしています。

地域のみなさんが共にいきています。

新聞をみると、人々が対立している記事をみます。

みなさんには、100人の友だちを作るよりも

1000人の話し相手として苦手な人と話すことが

できる努力をしてください。

人々が共生し、問題を解決できる技術を身につけて下さい。

私の長女と長男の二人とも、4中の卒業生です。

一人は東北で、一人は都内で社会人として活躍しています

二人とも、いつも4中時代が楽しかったといっています。

また、今でも4中の知人と会っていきます。

また、先生との交流もあるようです。

みなさん、安心して、4中で、勉強に部活に学校生活を送って下さい。

優しい先生、頼もしい上級生と出会える筈です。

みなさんの呼び方は、昨日までは、小学の児童から、今日からは

中学では生徒に変わります。

今までは、私たちは、いわば上うら、みなさんを引っ張ってきましたが、

今日からは、みなさんの横から支援します。

これからは堂々と道の真ん中を歩いて下さい。横から

先生、保護者、私たちが支援します。

4中いう新しい世界にチャレンジするのは、みなさんです。

ご入学おめでとうございまいす。