ある接見

議会の一般質問が終わり、急いで遠くの警察に接見に行く。

ーあなたは記録では、同じことを繰り返しやっている。

起訴猶予、罰金、執行猶予の裁判

どうして、やめられないのか。

意思が弱い。

ー多くの人たちは、やらない。

(沈黙)

ー意思の問題以前に、人に迷惑をかけないといっことを小さいころから学んでいる。人に迷惑をかけないことはできないのですか。

できる。

ーあなたの唯一の家族も、もうかかわりたくないといっている。人に対し迷惑をかければ、失う。

天涯孤独になった。

ーこれでいいですか。あなたは不遇な環境で生育したようた。気の毒だ。でも、誰からも感謝されない。多くの人に迷惑をかけている。

 

こんな対話をして、今度社会に出たときは、失効した運転免許を再取得し、人の役立つ仕事をしたいと言ってくれた。

 

ーこれからどうするのですか。

ホームレスになります。

ー今は、ホームレスにならなくてもいい、どこに行けばいいですか。

 

市役所に行って福祉の相談をすることなどをアドバイスをした。

 

地元の会社が場合によったら、雇ってもいいといっていた。但し運転免許が必要。

無理かな、とりあえず、社長に報告することにした。

 

自宅に戻ったのが10時を過ぎていた。