3期12年議員の仕事,全うしました。

3期12年議員の仕事,全うしました。

12年前,2007年9月26日議会最終日,はじめて市議会を傍聴した。
議案について、討論があり,採決が繰り返し行われている。
私にこの仕事ができるのだろうか。

どうするか悶々とし,10月に入り,それこそ,やむにやまれず,立候補決意した。
私を議員に立候補させたのは,国家公務員宿舎問題だ。

基地跡地には市民合意では公園になるところ,国が国家公務員宿舎を建てる。
富岡市長はこれを受け入れる。

市民は,反対の署名運動をしている。
我が家の当時中3と中1の子どもたちも
署名し,「みんなが署名したから,公務員宿舎建設は中止になるよね」
といっていた。

私は,適当にうなずくことしかできなかった。
そして,私にできることは,議員になって
市民の基地跡地の公園計画といを声を
届けることだと決心した。

国家公務員宿舎建設は,政権交代等,東日本大震災があり
中止になった。

議員の仕事は,公務員宿舎問題ばかりではない。
市民の暮らし,子どもの教育の問題,その他多くの問題がある。

議員として議会にでる以上,議案の予習
一般質問の準備
議員の仕事は重い。

議員が勉強をしないと執行部の業務の問題点はみえてこないし
指摘できない。

一方で議員としてだだ議会に出席し,採決で賛成とだけすることも可能だ。
でも私は,それはできない。執行部の提案を検討し,疑問点を正すこと
この作業を怠ったら,議員としてのプライドを棄てることになる。
単に、日当をもらうためではないかの、倫理感に反する。

重い議員の仕事を肩に背負い,3期12年が経過した。
9月26日降ろすことができた。

私は,内心3期12年と決めていた。
だから,与党会派の議員が討論原稿を
読んでいる問題は,私の在職中に処理ができるか焦りながら,最後は,
議員に対して提供している市長に対し,一般質問をして,
議会だよりにそれをのせる方法で行うことにした。

結局議会だよりを超えて、朝日新聞と埼玉新聞が
取り上げてくれて,市長は「やめる」と姿勢を変えることになった。

9月26日までの,市議会議員の重さを背負った気分と
27日以後とは,全く気分が異なる。

さあ,弁護士専業となった。
これまで休止していた少年事件を再開したい。

市民の中には,私の内心の事情を知らずこの間,選挙を応援したい申し出ていらっしゃる人がいる。
私は実は世代交代をしたいというが,納得して頂けない人もいらっしゃる。

議員の仕事は,私には片手間ではできない,重い仕事だ。
3期12年で,次の人にバトンタッチをしたい

相撲の横綱は,3連敗すると引退をする。
ボクシングのチャンピオンは,チャンピオンのまま引退をする。

私も,まだ力がある。そんな自負をもって引退したい。

3期12年間、ご支援ありがとうございます。
2019年9月28日
朝霞市議会議員 小山 香