やさしいまちづくり、ビルオーナーに感謝!(3)

建築指導課のもとにあっせんが行われた。

当事者が対面して、話し合いが行われた。

ビル2階店舗用プロアの出入りについて、障害者や高齢者に対し合理的配慮を求めたところ

事業者から、2階にエレベーターを停止することが可能な計画にするとの回答があり、

合意に達したのである。

朝霞駅前ビルは、14万人都市にふさわしい、障害者や高齢者にも優しいまちの象徴になるのではないか。

障害者や高齢者も外で買い物、外食もしたい。そのためには、まちのバリアフリーが必要である。

今回の事業者との話し合いには、朝霞市障害者団体協議会も同席して発言をして頂いた。

2階にエレベーターが停まれば、お客ばかりではなく、障害者や高齢者も従業員として仕事もでき、万一、急病の場合でも適切な対応がとれる。

朝霞駅前ビルは、以上のとおり、質的に価値の高まった建物になると思われる。

ビルのオーナーには、その英断に感謝したい。

 

やさしいまちづくり、ビルオーナーに感謝!(2)

(仮称)朝霞駅前ビル新築工事意見書

 

1(仮称)朝霞駅前ビル新築工事(以下「本件ビル」という)は、1階及び2階に店舗が入居することを予定している。本件ビルにはエレベーターがあるものの、2階は通過して3階以上の共同住宅専用となっている。

2 したがって、2階の店舗に行くには、階段だけである。階段を利用できない障害者、高齢者は、2階の店舗を利用できない。さらに2階の店舗には、階段を利用できない人は従業員として稼働できない。またさらに、店舗で突然急病人が出た場合、病院に搬送するときに階段が著しい障害になる。

3 本件ビルは、バリアフリー新法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)、障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)及び埼玉県福祉のまちづくり条例に違反している。

4 朝霞市は、14万都市となった。朝霞駅東口は朝霞市の一つの顔である。本件ビルが建築されると、本件ビルの2階の店舗には今後建物の存続期間である約50年もの間、障害者及び高齢者には、利用が制限される。今後、ますます高齢者人口が増えてくる。現在、健常者であっても事故とか、いずれ誰もが高齢者になり、障害者になる。本件ビルは、こうした社会の現状を無視するものであり、障害者の社会参加を阻害し、共生社会の実現を阻むものである。

5 以上のとおり、2階の店舗にエレベーターが止めない本件ビルは、欠陥ビルと評価せざるを得ない。2階にエレベーターを止めない本件ビルの建築には異議がある。

ビルオーナーからは、上記の意見書に対し消極的な回答だった。

そこで、朝霞市の開発手続条例に基づくあっせんを申し立てた。

やさしいまちづくり、ビルオーナーに感謝!(1)

2月に開発事業説明会があった。

朝霞駅前の以前養老の瀧があった建物を取り壊し、「(仮称)朝霞駅前ビル」地上9階建てのビルを建てる計画の説明があった。

説明会の終わりころ、どうしても図面が理解できないので、次のとおり質問した。

2階の建物にエレペーターの図面があるが、扉の記載がない。どうしてですか。2階は停まらないのですか。

ー2階は停まりません。

2階に店舗がある。しかし2階にはエレベーターを停まらない。このエレベーターは3階以上の共同住宅のためおエレペーターというのである。

テレビの徹子の部屋で西館さんがいっていた。

「知人から食事を誘われる。場所を聞くと大抵は2階だという。足を悪くしており、誘いを受けることができないことが多く、寂しい」

といっていた。

まさに、朝霞駅前の新築ビルに2階に店舗ができるが、エレベーターがあっても停まらない。この現実は、障害者、そして高齢者で足を悪くしている

人にとっては、悲しいものだ。

障害者差別撤廃法ができる前ならば、ビルのオーナーがどんな建物を作っても、「まあ、仕方がない」という嘆きで終わることがある。

しかし、障害者差別撤廃法ができた。さらにバリアフリー法だってある。またさらに埼玉県では、「埼玉県福祉のまちづくり条例」がある。

このように、障害者も高齢者もみんなこのまちの当事者であり、共生社会の主人公である。

 

そこで、私は、事業者に意見書を出した。

 

 

第4中学入学式 チャレンジ新4中生

今日第4中学入学式があった。

4中は、我が家の子どもたちの母校でもある。

 

入学式、卒業式その他行事の挨拶をいろいろ見聞する機会がある。

このときに式辞として折りたたんだ用紙を読む。

 

私は、この式辞として当事者が用紙を読み上げる方式に

いまいち、理解ができない。

傾向として、式辞が用紙の朗読のようになってはいないだろうか。

 

子どもたちも、多くの式典のスピーチの感想を聞くと、

型通りの紋切り的で評判がいまいちだ。

 

そこで、今回は、他の議員に了解を得て、

市議会議員の挨拶として、式辞の用紙を朗読しない、

出来るだけ型にはまらないスピーチをこころ掛けた。

ひとみの輝く188人の生徒のみなさんを拝見しながら

おおよそ次のような内容で語りかけるスピーチをした。

・・・・・・・・・・

小山香といいます。

ご入学おめでとうございます。

市議会には24名の議員がいます。

議員の一人として

朝霞市はこの1月に14万人になりました。

朝霞市民の一人として

地域に住んでいるものとして

お祝いをお言葉をさせて下さい。

 

みなさんは、私たちの宝です。いわば、宝石の原石です。

みなさんが元気にしているだけで、このまちは明るくなります。

みなさんは、宝石の原石です。中学でもっともっと磨いて

美しい宝石にしてください。

私は、人生は芸術だと思います。

みなさん一人一人は芸術家です。

ピカソです。ゴッボです。ルノアールです。

みなさん、人生という白いキャッバス、画用紙にどんな絵を描くのですか。

中学校で勉強をすると絵の具の色が増えることです。

みなさんは、小学校の卒業式で大きな夢を宣言していました。

明日の未来から、今日の自分を見つめて、課題を発見し、課題を解決して夢に近づいて下さい。

過去と他人を変えることはできません。

自分と未来は変えることができます。

それぞれの課題を解決して未来に向かって歩んで下さい。

公教育にはもう一つの意味があります。

みなさんは、この地域で暮らしています。

地域のみなさんが共にいきています。

新聞をみると、人々が対立している記事をみます。

みなさんには、100人の友だちを作るよりも

1000人の話し相手として苦手な人と話すことが

できる努力をしてください。

人々が共生し、問題を解決できる技術を身につけて下さい。

私の長女と長男の二人とも、4中の卒業生です。

一人は東北で、一人は都内で社会人として活躍しています

二人とも、いつも4中時代が楽しかったといっています。

また、今でも4中の知人と会っていきます。

また、先生との交流もあるようです。

みなさん、安心して、4中で、勉強に部活に学校生活を送って下さい。

優しい先生、頼もしい上級生と出会える筈です。

みなさんの呼び方は、昨日までは、小学の児童から、今日からは

中学では生徒に変わります。

今までは、私たちは、いわば上うら、みなさんを引っ張ってきましたが、

今日からは、みなさんの横から支援します。

これからは堂々と道の真ん中を歩いて下さい。横から

先生、保護者、私たちが支援します。

4中いう新しい世界にチャレンジするのは、みなさんです。

ご入学おめでとうございまいす。

3月議会の一般質問

3月議会の一般質問は次のとおりです。

3月14日の一番最後です。

1  公益通報の意義

現状と課題

・公益通報をする方法

・勤務条件に関する事項

・窓口

2   内間地区の過去、現在、未来

3    ぼぼたんとたんぽぽ

・ぽぽたんの現状と課題について

4   建築物バリアフリー

⑴新築建築物のバリアフリーの現状と課題について

⑵公共施設のバリアフリーについての現状と課題について

⑶教育施設のバリアフリーについての現状と課題について

5   延長保育料

現状と課題について

6  賃貸住宅の保証人

7  今後の児童・生徒数の見込みについて

8  学校における働き方改革

9   成人年齢引下げと成人式